初心者、レタッチに手を出す

レタッチというとスマホで言えば"盛る"ことで一眼レフで言えば"raw現像"をすることだ。このレタッチが我々初心者には壁である。 カメラを始める前、「カメラを買ったらもっと良い写真が撮れるに違いない!」と思うも、普通に撮影すれば当然目の前のありのまま…

40-150mmにmc-20をつけて解像度を比較しました (野鳥編)

nekopictures.net こちらも参考までに オリンパスのハイスペック大三元レンズのM.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PROは換算80-300mm F2.8となる。AFは超高速であるが こちらで述べたようにマスターレンズと同等の画質とはいかず少々ショックであった。 確かに…

猫で有名な尾道に行って猫に会えるのか検証しました!

猫は私にとって大切な被写体です。ということで某有名猫スポットまで割と遠出をしました。18切符なども使えてかなりおすすめですが、遠出となると電車に乗る時間がかなり長くしんどいですね。 まだこんな電車走っているんですね。少しカルチャーショックでし…

写真は何に依存すべきか~初心者の戯言~

写真は楽しい。 はじめは記録用によりよい画質をと言うことでカメラを買ったが、キットレンズでも十分にボケ味や描写を楽しめ、次第に写真と機材の魅力に入り込んだ。 はじめは記録の道具だったものそれ自体が趣味になったということだ。 いろいろ言葉を覚え…

EOS KISS Mなんてカメラ買っちゃあかんですよ

題名の通りだ。 キャノンユーザーは非常に怒るであろうが私は事実としか思わない。一応私も元キャノンユーザーだ。 ちなみにキヤノンと書くのが正しいが今の私には関係ないことである。 キヤノンは正直言ってカメラ界隈の頂点に立つメーカーだ。様々なシェア…

チルト式液晶派の自分が魅力を紹介します!

チルト式液晶というとみんな ''なんでバリアングルにしないんだよ'' と文句ばかりいう日とが多い。実際バリアングルのほうが自撮りをする時は便利だ。 しかも最近の機種のほとんどはバリアングルになっており、搭載していない機種は旧世代のカメラだとか欠点…

GX7初代をE-M1 MarkⅡユーザーが使って満足できるのか?

知ってはいたが噂通りにE-M1 MarkⅡが噂通りのスペックで発売された。 おそらくオリンパスからすればかなりの進化をAFやエンジンで成功したのであろうが、消費者からすれば目立った進化が感じられない。正直手持ちハイレゾくらいな気がする。ぶっちゃけG9と底…

GX7初代を今更ながら買ってみた。スペックの話は抜きで実際の感想をレビューします!

撮って出しのみの作例はこちら GX7というカメラは今となっては古いカメラかもしれない。2013年9月発売のカメラである。 もう結果から言うと 買い なカメラだ。 E-M1 MarkⅡをメインにしているが、気軽さとかを考えると圧倒的にこいつだし、かなり使える。勿論…

猫探し。新しい猫スポットを発見。

タイトルがすべてです。 黒猫と白と黒の猫に会えました。ただ警戒心が結構強くて望遠レンズ様々でした。

やっと登場した2倍テレコンMC-20。PROレンズとの相性はいかに? 75-300との比較あり

正直最近ちょっと落胆している。これは自分にとって初めてのテレコンだったからかもしれない。 解像度をはっきり言ってしまえば期待外れだ。 技術者の方には申し訳なく思う。二倍テレコンはさすがに甘くなる。これはカメラを最近始めたから常識をしらないだ…

オリンパスの大三元をそろえてしまった

こちらの記事では買ったばっかのときでその喜びやらを伝えたかったので写真がありませんでした。 期待された方のために外観をいろいろ撮影した証拠写真を上げようと思います。 例のごとく物撮りのセンスは絶望ビリーなのでお許しを その前に言いたいこと言わ…

解像度とセンサーサイズやらなんやら

解像度の定義が何かによるけど解像度のお話と悩みを話そう。 フルサイズを基準にすべてを考えれば、aps-cやマイクロフォーサーズはトリミングをしていることになる。 だからフルサイズは解像感がいいと言われるのだ。補足をすればaps-cとフルサイズで同じレ…

神レンズ?ボディキャップ型レンズBCL-1580

このレンズをご存じの方はオリンパスユーザーと一部のαユーザーであろう。 GIZMONのUtulens買うよりおすすめ。 BCL-1580とはオリンパスのアクセサリーとして www.olympus-imaging.jp このように今もたぶん販売されているレンズ、というかボディキャップだ。 …

驚異の実力!OLYMPUSの手ぶれ補正は何秒まで耐えられるのか検証しました

オリンパスと言えば オリンパスブルー と ダストリダクション と 手ぶれ補正ではないだろうか。 手ぶれ補正の段数やらはいつもオリンパスが一歩先を行ってる。手持ち夜景撮影というフィルム時代には困難であったことを企業努力で実現させてしまった。実際キ…

マイクロフォーサーズの画質は悪いのか?その2

なんかアクセス解析をしていると毎回マイクロフォーサーズとネガティブなワードからうちのブログに来る人が多い。勿論その気持ちはわかるし、自分がキヤノンからマイクロフォーサーズ陣営へ乗り換える際はとても気が気でなかった。 というのも感覚的にも価格…

E-M1 mark2はオリンパスブルーの真の継承者なのか

オリンパスと言えば有名なのはオリンパスブルー。類義語にコダックブルーがある。その言葉の正確な起源はよくわからないが、界隈ではオリンパスのだす青にそれらの称号が与えられている。 確かにオリンパスを使っているとイイ青がでるなぁという瞬間が多々あ…

近所で猫さがし~新しい命

このブログはnekopicturesという割にねこの写真が少ない。ということでねこの写真を投稿しようと思う。 二週間前までがかなり忙しかったのでねこを探す時間が無かったのですがなんとか時間をみつけてねこに会いに行きました。 ちなみに今回行った場所は市街…

E-M1 mark2が高感度にどれだけ強いか比較しました

E-M1 mark2がどれくらい高感度に強いのかの実験をするために夜にシャッターを切りました。どのくらいのレベルまでなら観れる画質なのか参考になればと思います。 余計な話は抜きにして iso6400 ss 1/13 56mm F1.4開放 iso12800 ss 1/25 F1.4 iso6400と12800…

まさしく神レンズ、シグマ 56mm F1.4 DC DN で世界が変ワルゥ!

タイトル通りにマイクロフォーサーズのシグマの56mm F1.4 DC DN Contemporaryのレビューをしようと思う。 正直わたしのような下手っぴがこんな素晴らしいレンズのレビューをするのに恐れ多さすら感じているができる限り頑張ろうと思っている。無論全編撮って…

マイクロフォーサーズってボケないだしょ?

巷ではマイクロフォーサーズよりフルサイズのほうがボケて素晴らしいと言われている。 本当にボケないのかといわれたら それは時と場合による というのが自分の中の答え。 だが自分は凝り性なのでやはりその差は0じゃない。簡単に言えばフルサイズの85mmF1.4…

E-M1 MarkⅡにOMオールドレンズをつけて写真をとってみた

タイトルの通りオリンパスの誇るハイエンドミラーレスカメラであるE-M1 MarkⅡにオリンパスのフィルム時代のレンズであるOMマウントレンズをつけて遊んでみた。 今はマイクロフォーサーズというセンサーがフルサイズより小さいフォーサーズを使っているが、オ…

キヤノンの色があんまし好きじゃない

キヤノンといえばカメラ業界では圧倒的シェアを誇るメーカーで、初めてのカメラはだいたいキヤノンを買う。わたしもそうだった。 なぜそこまでシェアを誇るのか?ということを真剣に考えるとブランドイメージの高さと白レンズくらいしか思いつかない。 キヤ…

dp-s1aを購入!!音質はいかに?バランス接続の違いなども紹介します!!

ポータブルーオーディオはオタクくんたちのおかげで賑わっている。 オタクとポータブルオーディオの関係は二次元作品に関連する音楽と声優のアーティスト化、アイドルの大衆化にあると思う。本当にアニメやらゲームはここ数年で一気に市民権を得てそれに答え…

やべぇよRF70-200mm F2.8 L IS USM

やばいよね。これ。 勿論噂で知ってた人もいるとは思うけどやっぱすごい。これ噂が出てなかったら本当のゲームチェンジャーだったのではないだろうか。 このたびついに https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf70-200-f28l/ 11月21日発売 最短撮影距離0.7m …

超広角はやっぱ異次元だった! M.ZUIKO DIGITAL 7-14mm F2.8mm PROのレビュー

買った理由 実写編 画質だが // 買った理由 オリンパス、いやマイクロフォーサーズはレビューのブログが少ない。前使っていたのがキヤノンだったせいかとても少なく感じる。特に少ないのが10万以上のレンズだ。安い単焦点ならまぁまぁ記事があるがPROレンズ…

なぜ今こそがOM-D E-M1 MarkⅡが買いなのか。その理由

OM-D E-M1 MarkⅡはオリンパス社の誇る最高のハイエンドカメラである。 このカメラは凄い。EOS KISS Mを使っていた頃の自分には不可能だったことを可能にしてくれた。このカメラと自分は長く付き合うことになるだろう。そんな気がしている。 デザインがまずか…

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPHのレビュー

追記:2020 5 16 この記事の半年ぶりにその2を書きました。果たして成長したのでしょうか?写真多めです。もしよかったら見ていってください! nekopictures.hatenablog.com マイクロフォーサーズの25mmはいろいろなレンズが乱立していて悩み甲斐があるがつら…

二度目のねこ写真 実質M.ZUIKO 40-150mm PROの作例

nekopicturesというブログ名にも関わらずほとんどねこの写真がないことにお気づきであろう。公開できるほどうまいねこの写真が撮れていないからだ。ねこがいくら好きでもうまいねこ写真が撮れるわけじゃないということを痛感している。 自分自身まだまだゴミ…

マイクロフォーサーズ25mm沼問題

この問題は実に深刻である。もうネットサーフィンに疲れてブログやレビューはあらかた読みあさってしまった人もいるのではないだろうか? マイクロフォーサーズという開かれた規格故の悩みは実は贅沢であるし、他のマウントの人からすれば同一画角で悩めるこ…

カメラ界隈の作例は作例じゃないことが多くない?

カメラをするとカメラやレンズが自分の好みに合った描写か、どこか欠点がないかなどを調べるために作例を参照すると思う。 すると星の数ほどの作例がインターネットにはアップされている。安定の品質といえばフォトヨドバシとKASYAPAであろう。順にヨドバシ…