家電の値段変動は本当に腹が立つ

題名の通りである。


知らない人は驚くかもしれないが、家電というのは野菜や魚のように値段が変動する。そんなバナナ‥なんていう人には論より証拠である。以下の画像を観てほしい。


今一番ほしいレンズのオリンパスM.ZUIKO DIGITAL 40-150mm f2.8 proで語ろう。ちょうど今私は腹が立っているのでいい機会だ。

f:id:nekopictures:20190819214759j:plain

これが現在の価格である。お分かりの通り昨日より突然 3000円 も値上がりしている。

数日間値下がりをし続けたのに突然このようなことになる。もう少し長いスパンで見てみよう。


f:id:nekopictures:20190819215039j:plain

値段がグラグラしているのがよくわかる。
もっと長いスパンで見てみよう。


f:id:nekopictures:20190819215330j:plain

青色が平均価格帯、赤色が最安値。

おおよそ量販店は青色にポイントを10%足したくらいで売っている。言うまでもないがエデeオンのように価格競争から退いた店はもっと高い。

値段の変動の予測は個人レベルではつかない(機械学習させれば多少予測はつくだろうが)

ここから言えることは最近(直近一年)はレンズの平均価格は上がっているということだ。最安値は物凄い大きな変動はしていない。そして二万円を加えたくらいのところを最安値に追従して平均価格も動いている。

これの何が厄介かというと、安くなる時まで待たないと大損をすることがあるということだ。同じ商品なのにウン万円も違ったら嫌ではないか?

勿論早く買えば早く使えるわけでその価値はお金では変えることはできないのは承知だが、値段は予測が困難なため次の日にはめちゃくちゃ安くなったりもする可能性を秘めている。自分は性格上そういうのが損した気分になって許せなくなる。

では私の苛立ちの原因をみせよう


f:id:nekopictures:20190819221309j:plain


これが5月のビックカメラドットコムの価格


そしてこれが今の価格


f:id:nekopictures:20190819221421j:plain


3ヶ月で2万円も変わっている。

分かりやすく税込で言おう


5月は159,256.8円に15925ポイントで実質143,331円

今は175,554円に17555ポイントで実質157,999円

ちなみにビックカメラで値段交渉をした際の秘密の最安値は155,400円に15540ポイントで実質139,860円

この最安値は本当に安い。この時買わなかったことを酷く後悔している。家電量販店はいつでも最安値を出せると思っていたのだが、最近はそのレンズの相場が上がったことでそれはできない模様だ。

今の私は2万円も損をしないと買えないのだ。本当に辛い。2万円ですよ2万円。うーーーん。泣きたい。しかもオリンパス今キャッシュバックしてて1万5千円も帰ってくる。どうにか上手く最安値でキャッシュバックがつくように買いたいんじゃぁ。

ちなみに私は根っからのビックカメラ信者だ。お分かりの通りポイントを込めると価格ドットコムの最安値を打ち破ることもできる上に店舗も多くて接客が丁寧だ。値引きもよくやってくれる。

以上。本当に辛い。