スマホ世代へ向けたカメラのありかた

世はまさにスマホ時代である。スマホはネットも電話も連絡も写真もなんでもできる。そして小型だ。この記事だってスマホで打っている。


ところでデジタルカメラの市場が縮小しているのをご存知だろうか?


理由はスマホのカメラの高性能化の結果だ。わざわざ高くて重いカメラを持つ必要性というものが薄れてきたのだ。


でも私個人の意見としてカメラへの関心は以前よりも増えるのではないかと思っている。というのはカメラが身近になることでより良い物を求めるきっかけが増えたり、純粋に写真の楽しさに触れる人が増えるのではと思う。


そういう人はどういうカメラを欲しいと思うのだろうか?


勿論初っぱなぱらソニーのフルサイズを買って最高の写真を求める人もいると思うがそんな人はたくさんはいないだろう。


スマホより画質が良くてスマホ感覚で使えるカメラが理想なのではないかと思う。


それで思いつくのはコンデジ。コンパクトデジカメの略だ。


最近はかなり薄型になっている。


カメラやってない人が画質のいいカメラというと一眼レフを想像するのではないかと思う。


するとなんだかコンデジは劣っているように思えるだろう。



レンズが専用設計というだけあって別に劣ってはないのだが、ここ最近のスマホカメラのデジタル処理能力の高さと手軽さを考えるとやはり購買意欲をそそられない。


実際にコンデジ市場というのはかなり縮小してきていて一眼よりも先に死ぬだろう。二極化という言葉が正しい。


身近な写真はスマホで、大切な写真はレンズ交換式カメラでといったわけだ。




そんじゃどーしたらカメラの普及が進むかというと





コンパクトである程度のデジタル処理を躊躇わないカメラを作ればいいと思う。


勿論レンズ交換式でデザインはミニチュアのフィルムカメラみたいにすればいい。ボタンも多めで。


センサーはマイクロフォーサーズくらいあってほしい。そしてマウントもマイクロフォーサーズにして欲しい。


昨今のスマホで培われたデジタル処理技術をふんだんに使い、専用設計のレンズで充実させる。理想のサイズは25mmf1.8の半分の体積だ。

そうすることでスマホカメラにノイズ耐性とボケと画質が勝てる。


ただネックなのは値段だ。本気で売るならやはり最安モデルは新品で実売2万が望ましい。これは破壊的な値段であるがいろいろできるスマホが2万から買えるんだからそれくらい覚悟をするほうがいい。


レンズはミニチュアサイズで明るいものがよい。スマホカメラよりは画質良いが現状のマイクロフォーサーズレンズ程の画質は無くてよいからカメラをするきっかけつくりのためのものとして是非つくるべきだ。


なにか起爆剤があれば絶対にカメラブームはくると思う。チェキが少し流行っているが、全人類がスマホでカメラマンのなれる世の中なんだからその受け皿になれば大きな需要がある。多少の薄利多売は覚悟せねばならない。


最近のカメラメーカーは絶対に薄利多売をしない。余裕がないというのが正解だと思うが。


そのせいでチャレンジを恐れて高価格帯の商品に力を注いでる。プロやよく知った層が大半だから売りやすいしお金の羽振りがいい。ただそれはずっと続くビジネスモデルとは思えない。やはり新規を獲得してなんぼ。


スマホカメラで満足してる友人に話を聞けば必ず



カメラは高いし重そうだけどスマホは手軽



と言われる。間違いじゃない。プライベートの写真なんて画質はどうでもいい。大事なのは手軽さ。確かにスマホ写真はパッと見綺麗だ。


そこを全て解決したカメラを作れば


やっぱカメラだよね


っていう流れがつくれる。現状初心者向けカメラはスマホに大きく劣るUI、手ぶれ補正、暗所耐性(レンズが暗いせい)、画質イマイチなキットレンズ、チープさということでなんというか絶望的にだめ。

そんならやっぱスマホでいいってなるよね。



今日は一旦ここまで