コロナの今だからこそ釣りを始めませんか?必要な道具をまとめました!

コロナコロナと暗いニュースばかりで巣ごもり生活で精神も体力も限界になってきていませんか?このむしゃくしゃする気持ちをなんとかできたらなぁ とお考えではないでしょうか?いいアソビがありますよ!!

 

それは

 

釣り

 

です

 

釣りは安全なのか

コロナで避けなければならないのは3密ですが、釣りにおいて三密は狭い釣り堀や相当な人気スポットでも無い限り発生しません。なぜなら半径1m以内に人がいるとおもりやルアーを投げるときに針が引っかかって危ないからです。なので自然に密は避けられます。その上基本屋外でのアソビなのでくしゃみや咳は風の流れやらで上空や地面へと拡散し感染のリスクは低いです。

 

一方釣り自体の安全性はというと、場所にも寄りますが危険な場所はありますしリスクもあります。

 

具体的には大雨の後の釣りやぬれたテトラポット、ごつごつした岩場、滑りやすい場所、比較的高い堤防、ヤンキーのたまり場、毒を持った魚、針が引っかかるなど言い出せばキリがありませんが普通の場所で釣りをするぶんにはそうそう心配しなくて大丈夫です。

 

釣りの魅力

なんといっても自然を満喫できることでしょう。

 

f:id:nekopictures:20191105220833j:plain

都内といえどこれくらいビルのないのが川沿いであり、緑も多くてとても癒やされます。

 

子供の頃夢中で虫を追いかけたあの頃、必死に網で魚を捕ろうとしていたあの頃、無心で外で遊んでいたあの頃,,,

 

大きくなるとあのときのような純粋な熱中する心を忘れてしまいます。あの頃の夏のような熱気を解き放ってくれるのが釣りなのです。うまい下手に年齢は関係ないですし誰でもできる手軽なアソビですが非常に奥が深いです。
f:id:nekopictures:20200811145459j:plain

もちろんこんな都会の真ん中でも釣りは楽しめます!なので仕事帰りにするなんてことも楽しいでしょう。さっきまであんな建物でデスクワークしてたなんて想像がつかないって気分になると思います(笑)

 

ここまでの写真は都会ですが田舎であれば

f:id:nekopictures:20200811150053j:plain

f:id:nekopictures:20200811150121j:plain

本当に緑に囲まれて釣りができますし、かえるの可愛さだとか自然のなんともいえない心の洗われる感覚を楽しめます!緑ってやっぱいいですよね。

 

ここまでは淡水が多かったですが、海も海で楽しいです!

 

釣りはどこでも楽しめて道具さえあれば何だってできますし道具も種類は豊富です。

 

そして非常に健康的なアソビだと思います。

 

太陽の下で一日中外で無心であそぶことになるのでビタミンDも十分に生成されるし、外の世界の匂いを存分に味わえますし、釣りの基本は足で稼ぐ(移動が大事ということ)といわれるだけあって体をいっぱい動かします。サッカーなどのスポーツと比べれば大した運動量ではないかもしれませんが、急な運動が少ないので運動が苦手な人にもお勧めです。そして景色や生き物たちが綺麗です。

 

やっぱ外の世界って最高だなぁーって気分に必ずなります。

 

必要な道具

 フィールドによります。まずは釣りしたい場所にいき、釣り人と情報交換することでしょう。優しそうな人に声を掛けてみましょう

 

"こんにちは、今日は釣れてますか"

 

この一言で十分。そして

 

"何が釣れるんですか"

 

と言おう。おそらくこの一言への返事で必要な道具は決まる。釣れる魚がわかればあとはグーグルで検索すれば何が必要かわかる。

 

でもめんどいというひとはおおよそ以下を参考にしてください。

 

海釣りなら

 

釣具屋で売っている安いリールと竿がセットになっているものを買ってください。だいたい4000円しないやつです。入門コーナーのような場所に必ず置いてあります。ある程度の釣りに対応できます。しかしルアーをするならその竿はおすすめできません。あとルアー釣りは正直初心者の人には無理だと思います。高度な上にお金がめっちゃかかります。

 

もしこだわりたいというのであれば

www.daiwa.com

この竿の806TMSをおすすめします。無難に良いです。あと釣り業界的には2万未満の竿は安いという感覚です。長く続けるのであれば三万円くらいの竿が良いです。この竿は安いですが使い心地も悪くなくてうまい人でちょい釣り用に買っていたりします。

 

この場合リールがついていないので同じダイワで

www.daiwa.com

こいつをおすすめします。安い1万円未満のものでもいいですが、糸が絡まったり、巻き心地が悪くて手が疲れますし糸も無駄にしやすいです。本心からいえば3000円のセットについている竿もリールも使えたもんじゃないのですが、初心者の方にはそれで十分だと思っています。時間をかけてスキルアップするにつれて高い道具の良さがわかります。

 

自分は

f:id:nekopictures:20200813151805j:plain

シマノの最高峰リールであるステラを使っています。

fishing.shimano.co.jp

 

まぁもう6年前のものですが使い心地は素晴らしいです。5~6万くらいです。ただ性能的には正直3万円台のもので十分というラインに達します。

 

なお、最初のリールはスピニングリールという種類を買ってください。

 

 

竿とリールがそろったら次は糸です。初心者セットには元から糸がついているのでそれで十分ですが、この人ちゃんとしてるなと思われたくば糸を替えましょう。初心者セットの糸の色は蛍光色だったりで目立ちます。

 

糸はナイロンラインという種類で3号という号数のものを買えば間違いないです。

 

経験上三号がベストな太さです。号数は太さを表し、太いものほど号数が大きいです。そしてナイロンというのは糸の種類です。ナイロン、フロロ、PEという3種類がありますが、フロロは特性上糸に癖がつきにくい反面ライントラブルがおおく、安いリールでは地獄をみます。自分も何度新品の糸を無駄にしたことか。そしてPEラインは一番新しく、高い糸です。高強度で細いので飛距離がでる反面、こすられたりする摩擦に弱いので注意です。糸と糸を結ぶときにPEラインは摩擦係数が小さいために直接おもりや針と結ぶことをおすすめできません。なのでナイロンラインを推奨します。よくわからなければ店員さんに聞いてみましょう。

 

次に仕掛けです。仕掛けとは魚を釣るための針と糸やウキやおもりなどがセットになったものです。

 

海釣りであれば初心者にお勧めの釣り方はサビキとイソメを使った餌釣りです。サビキであれば

item.rakuten.co.jp

 

こんなやつパチンコ玉くらいのサイズのおもりを買えばそれだけで楽しめます。サビキとは餌のオキアミのブロックを買って、それを少しずつ捲いて魚を寄せて、針にピンクのゴムがついているサビキの仕掛けをオキアミの餌に見立てて釣る方法です。餌をまくので魚がいれば絶対に集まってくるので比較的簡単な釣りです。

 

もう片方のイソメというゴカイを使う釣りは少し難しいかもしれませんが何が釣れるかわからないロマンがあります。釣具屋でぶっ込み用と書かれた仕掛けなどを買ってみると良いかと思います。

 

川釣り

 は正直難易度が高いです。海はたくさんの魚が居ますが川には魚が限られてます。初めは釣れないと思った方が賢明ですし、あんまし甘くはないです。

 

小物釣り

川に居る10cmくらいのオイカワ等をつる釣りです。竿はリールのない延べ竿というものを使うことをおすすめします。それに小物釣り向けと書かれた仕掛けを"竿の長さと同じ長さ"のものを選びましょう。でないと絶対にダメです。わからなければ店員さんに聞いてください。餌はミミズを使ってください。ウキであたりをみる釣りです。

 

バス等のルアー釣り

はっきりいってお金と時間が無い限りおすすめしません。ルアー釣りは経験が必要なので初心者の方が始めるとお金を無駄にします。

 

そのほかにも色々な釣りがありますが、川の釣りは魚種が少なくて個体数も少ないので難易度が高いです。経験も必要なので半年以上通える覚悟がない限りおすすめしません。

 

それでは良い釣りライフを