nekopictures~ねこぴく!~

写真は人によって感性が違うから難しい


どうも、マジ初心者のnekopicです。今日は感性のはなし。

 

写真を撮るようになると少なからず他人に見せたい気持ちが生まれます。私の場合はネットに公開したいというよりほどほどに撮れたものを身内にみせて感想を聞きたいという感じ。ブログやっているけど、「どうだ、これうまいやろ(ドヤァ」っていう写真をアップしようと言う気はなくて、レンズとかの作例を出して購入を迷っている人の背中を押したり、時にはその逆や思ったことを書くという感じのスタンス。ただ自分の周りは"ドヤァ"をしたい傾向があるかなぁ。ただ写真仲間って何十人もいないわけだが。まぁ私のような初心者と自称写真がうまい人とお仕事で写真とっている人とその他数人程度。

 

その中で写真を見せ合うと、意見は本当にわかれる。自分がこれだと思ったものはまったくいいと思われなかったり、その逆でごみ写真がいいねと言われたりする。ただ全員の共通認識として邪魔なものが映っていたり、へんてこな構図、過度なレタッチはボツとする傾向がある。

 

写真の良しあしって結局よくわからない。プロの撮った写真にめっちゃ文句いうアマチュアもいるし、自分目線でこれバズってるけどいまいちやなぁなんて思うことがある。ただプロはうまい写真率が高いのは間違いないし、個人的に素晴らしいと思っている岩合光昭さんはつい"うむ!!!!すげぇ"と言ってしまうような写真ばかり。

www.olympus.co.jpm

ねこ写真は毎月更新される。レタッチは超最低限で自然な感じだし、マイクロフォーサーズだからボケを多用するような表現をしない。構図と背景で勝負していて本当のプロの凄さを知れる。

 

自分たちのことに話を戻すと、みんながみんな納得してうまいと思う写真はあんまりない。正直なんでこんな写真消さないの?って思うことがあるし、向こうもそう思っているのであろう。

 

じゃあ、うまい写真ってなんだってなると個々人の趣味による。たぶん何かしらのいいと思う要素を最大公約数的に満たすのがプロの写真またはいい写真だろうけど、その要素ってなんや?構図と色味と特殊性とボケがそのうちのいくつかなのは間違いないけど、あんまりにも抽象的すぎる(笑)でも逆にいうとそれらの要素がわかってしまうと「はいはい、こーすりゃいいんでしょー(脳死)」ってなって試行錯誤する面白さはなくなりそう。

 

あくまで自分のまわりで言うと、この人はこういう写真をうまいといいがち、あの人はこういう写真を好かないなどと一定の傾向がある。かといってその傾向に合わせてほめてもらおうという気はない。一応はみんなそれぞれがどこかお気に入りポイントがあって光って見えているはずだが、第三者にはまったくそうは映らないのだ。思い出補正とかその人なりに特別な瞬間を切り取ったがそれが伝わらないだけなのかもしれない。

 

性格が悪いので考えてしまうのは、〇〇さんは変人だから写真も変なのが好きなんだよという発想。この場合、本人は相手よりも健常者であると思い込んでいる(笑)ただ、ネットを見ていても、この人変人やなぁ~って人は変な謎のアングル、謎の被写体、どうやって撮ったのか不明な写真、理解のできない高度なフェチ向け(?)写真を撮っていることもある。写真の好みにその人の主義趣向が影響するはずと考えればあながちそうなのかもしれない。たまーにマップカメラにはそういう写真がある。

 

次は撮影地あるあるだが、鉄板構図や界隈で鉄板の撮り方をしているかということ。やっぱり多くの"うまい写真"はそれらから外れていない。ただその"うまい写真"というのは界隈の人がみてうまい写真であることが多い。界隈では〇〇はこう撮る、××しちゃだめ!みたいな掟が絶対にある。これは撮影地に通ったり、ネットで学んだりすれば割とすぐわかる。しかしそういうのを知らない初心者がカシャっと撮ると、本人はいい写真と思っていても、界隈の人は文句ばかりいってくる。鉄板構図やらは長い歴史と先人の試行錯誤があって言われてみると非の打ちどころが少ない。磨き上げられた写真になる。が、コピー写真とも言う。悪いことではないが、オリジナリティはない。でもうまい写真になれる。この場合、逆にある界隈の人が、まったく違う界隈の人に写真を見せたら"イマイチ"と言われる可能性がある。多くの場合、その界隈でのいい写真の掟を守っていれば"いい写真"なんだろうけど、それはいつもそうだとは限らない。となるとやっぱり"いい写真"の定義は難しい。その界隈の中だけのやり取りなら定義は簡単だけど。

 

まぁやっぱわからない。感性はひとそれぞれだからいろんな人に見てもらって自分の写真の良さに気が付ける人を探してみるくらいかなぁ。でも同じ感性を持つ人を集めても成長はない気がするからやっぱり批判されるのも大事。まじでそう考えるとプロやフォト淀やマップカメラは凄い。フォト淀やマップは24時間365日人に見られていろいろなところで感想言われるし。多くが肯定的な意見だからすごいし、同じような写真はほぼない。

 

うまい人はすげー。以上です。

 

ではここからはねこぴく的最近のお気に入り写真を公開します。旅行のとき撮った写真です。当然ノーレタッチでカメラの出した色です。

f:id:nekopictures:20210509020446j:plain

f:id:nekopictures:20210509020332j:plain

f:id:nekopictures:20210509020518j:plain

f:id:nekopictures:20210509020907j:plain

f:id:nekopictures:20210509020416j:plain

f:id:nekopictures:20210509020250j:plain

マイクロフォーサーズも悪くないでしょ?色味も良いよね。