最近感ずるJPEGの波

皆さんJPEGは嫌いですか?

私はJPEGが嫌いでしたが、むしろ最近はwelcomeな位になりました。

なぜJPEGなのか

・raw現像をがっつりすることに嫌気がさした

・上に写真の即共有がめんどくさい

・そもそもjpegで画質に不満がない

・ハードディスクやSDカードの容量を気にしなくて済む

などなど

実際のとこホントに大丈夫なん?

証拠画像をだそうにもどのみちJPEGにしないとホームページに載せられないというパラドックスなのだが、自分はプロじゃないから十分。


そもそもなんでrawで撮っていたかというと、そっちのほうが画質いいらしい(ファイルサイズもでかいし)、レタッチで修正が効く、jpeg撮って出しは初心者って誰か言ってたから、、、


つまり誰かの言い伝えのようなものを信じていたに過ぎません。


抵抗があったもののjpeg生活を始めて思うのは、

すげぇ楽。

その言葉に尽きる。


すぐに共有できるし画像の読み込みもpcではrawより早い。


実際に現像をjpegでしてみて思うことは、


特に変化ありません


強いていうならJPEGはカメラのだした色味なので他社製ソフトを使う際にも変に色が違うなんてことがないです。


なぜか一部のソフトだとrawファイルだけ色がくすんでるんですよね。これはカメラがrawでは味付けを控えてるからだと思います。あとで編集されることを念頭に入れているため。


JPEGなら元から大丈夫。あとレタッチ耐性うんぬんですかね。


マイクロフォーサーズはフルサイズよりレタッチでノイズ乗りやすいそうですけど、こてこてのやり過ぎ現像とかは一切しないので変化なしです。自分のカメラ(最近のカメラのほとんど)は優秀なので普通に露出外したりホワイトバランスが崩れてることはまれです。


すると結局は現像といえど少し明るくしたりシャドーハイライト弄ったり彩度をわずかに上げたりホワイトバランスをわずかに好きな方向にもってく程度です。


もちろんフィルムもどきにするときはありますが、むしろレタッチでノイズがのってくれたほうが真実味あるかもなんて思ったりするのでノー問題です。


そう考えると過度ないじり方しない限りrawのメリットってあんまなさそうですよね。


ああ、そういえば純正ソフトはなぜかrawじゃないとほとんど弄れなかったりするからrawで撮ってるのも理由だった。


でも純正ソフトって正味重いしあんまレタッチをさせてくれない(画質が破綻するからか)からいっそraw therapyとかのほうがよさげだと思う。

まとめ

JPEGで十分。



またなんかjpegで不具合でもあれば記事と方針を変えるでしょう